○○してみた!

にゃんこを捨てるなんて許さにゃい!!保護猫カフェに行って癒されてみた☆

どもども!にゃんこ至上主義者くまんです(=^・・^=)

ぼくが住んでいる所は京都府北部にあるド田舎なので、猫カフェなんてあるはずないと思っていたのですが・・・

1箇所だけ!!猫カフェがあったのです!!!!

そう!! ぼくは見つけてしまったのです!!!!

猫好きのパラダイスを!!!!

 

ということで、その猫カフェに行ってみました!!

今回お伺いするお店はココ!!「NEKOKOKORO」さん

今回、お伺いをしてにゃんことにゃんにゃんできる場所は京都府京丹後市にある
「保護猫カフェ NEKOKOKORO」さんです。

保護猫カフェ NEKOKOKORO
       629-3241 京都府京丹後市網野町木津49
       TEL:0772-74-0741

 

このNEKOKOKOROさんは店名にも書いてある通り、保護猫を主に扱っておられるとのこと。

保護猫っていうと、捨てられていたり、預けられている猫ちゃんのことですね。

勝手ですが、難しそうな子が多いイメージです。

ちゃんとかまってくれるかなと少し不安です。

「保護猫カフェNEKOKOKORO」さんにいざ参る!!

さて不安を抱きつつNEKOKOKOROさんに行ってみます。

場所が「京丹後市網野町木津」という場所です。

近くに海もあり、潮の香りがする田舎町です。 なんか和みますねー。

近くに京都丹後鉄道「夕日ヶ浦木津温泉駅」もあって車を持っていない人でも来れそうな感じ。

お店の感じは「民家にひっついた小さな2階建てのおうち」って印象。

入口はポップな感じで可愛らしい。

いざ入店!! おっとお金を払わないと。

さて、ねこちゃんと戯れるために!!

いざ!!入店!!!!

 

こんにちわー。

猫カフェ店員さん
猫カフェ店員さん
いらっしゃいませー。初めましてのお顔ですね!

はい!! 猫カフェがあると聞いて。

猫カフェ店員さん
猫カフェ店員さん
ありがとうございます!!
では、お名前と住所を記帳してください。
ご料金は1時間1,000円です。
飲み物は1ドリンク制ですので、お1人1本外にある自販機で買ってくださいねー。

まさかのドリンクが自販機。

でも猫ちゃんにドリンクがかかったりするのを防ぐにはこれが一番いいんでしょうね。

お金を払ってドリンクを買って再度入店!!

猫カフェ店員さん
猫カフェ店員さん
では、猫ちゃんのいるお部屋にご案内しますね。
靴下は必ず履いてくださいねー。
病気などの予防のためなので。なければ販売もしてますからね。

ほう。ねこちゃんのこと本当にちゃんと考えてはるんやなぁー。

今度こそ入室!! ちゃんと決まりは守りましょう。

入室にあたって決まりがあるそう。

猫カフェ店員さん
猫カフェ店員さん
猫のお部屋は2階にあります。
また、お部屋は手前の部屋と奥の部屋があり、奥の部屋にはまだ人間に慣れていない猫ちゃんたちが退避できる空間にしているので、そのお部屋への入室はお断りしています。

あ、保護猫だから人間が怖い猫ちゃんもいるみたいです。

なんかそんなことを聞くと少し悲しくなるくまんです。

 

いざ入室!!

うにゃーーー!! 猫ちゃんきゃわわ☆

お部屋は綺麗で猫ちゃんがいっぱいいるのに臭くない

しかも猫ちゃんたちめちゃくちゃ自由にしてるぅぅー!!

ここは猫好きの楽園だと理解しました。

 

猫カフェ店員さん
猫カフェ店員さん
ここには里親が決まった子たちもいるんですよ!

里親が決まった嬉しい猫ちゃんも!?

よちよち歩きの子猫も何匹かいます。

動き回るので写真もブレブレですよ(笑)

猫ちゃんも色々・・・。 店員さんのおはなし。

お話を聞いてみると、この京丹後市という所は保健所で猫の受け入れがないそう。

飼えなくなった飼い主さんはこういう施設を使うことになるんですね。

保健所での引き取りは悲しいです。

飼い主さんも各々の事情があるのでしょうが、できる限り飼い続けてあげてほしいですね。

 

やっぱり人間が怖い子もいるみたいで、

ぼくを少し遠くで様子見している猫ちゃんもいました。

こういう子を見ると生い立ちが心配になります。

こちらの子もすぐに休憩室に飛び込めるように奥のお部屋近くに陣取っています。

 

もちろん元気いっぱいにかまってくれる猫ちゃんも!!

兄弟のようにじゃれあっています。ほんとに可愛い♡

 

普通の猫カフェは人間が楽しめるようにという意味が強いお店が多いですが、ここはやっぱり保護猫カフェ。

猫ちゃん主体で猫ちゃん中心。

猫ちゃんのことを考えたカフェです。

そこが凄く伝わって胸が熱くなりました。

 

保護猫カフェで触れ合って里親が見つかることもあるみたいです。

猫も、人間もお互いを知って飼うことができるので、凄くいいシステムですね。

保護猫カフェは猫好きによる猫のためのカフェだった!

保護猫カフェってあまり聞かないのでどんなかなーと思っていました。

行ってみて思ったのは

猫好きによる猫のための猫カフェである。

 

ぼくも将来的に猫ちゃんをおうちに迎えたいと思っていたのでこんなカフェを知れてよかったです。

動物を飼うってことは、しっかりとその子のことを考えてあげないとですよね。

 

ちなみに「保護猫カフェNEKOKOKORO」さんで一押しの猫ちゃんはボスっぽい子だったのですが、

ご覧の通り首が据わってないのかと言わんばかりの寝方がメチャカワでした(笑)

ちなみに・・・京丹後市では猫は神様!?

すごーく猫カフェには関係ない話なのですが・・・

この京丹後市というところでは猫は神様の使いなんだそう。

 

京丹後市は昔、丹後ちりめん(織物)作りが盛んな町だったそうです。

そこで織物を齧るネズミを追い払う猫は神様のように崇められていたそうな。

京丹後市のこんぴらさんには狛犬ならぬ「狛猫」があるそう。

 

狛猫・・・今度見に行ってみよ!!

 

ではでは、さらばん♪

保護猫カフェ「NEKOKOKORO」さんのHPは↓バナーよりどうぞ。